ホームページの制作はどこに依頼するのが正解ですか?|横浜でホームページ制作会社をお探しならご相談ください!

  • voice
voice

ホームページの制作はどこに依頼するのが正解ですか?


大学を卒業して就職してからちょうど10年が過ぎ、脱サラして自分で会社を立ち上げることにして只今会社設立の準備をしているところです。
元々いつかは起業したいと考えていて、そのために社会経験を積みながら本当にやりやいことを見つけ、10年がかりで資金を貯めて、銀行からの融資を受けられる目途もついたので思い切って会社を辞めました。
その間もいろいろなことを勉強してきましたが、いざ会社を立ち上げるとなるとやらなければいけないことがさんあるのに気づき、早い段階でホームページを作った方がよいこともわかりました。
フリーソフトを利用して自分で何とかしようとも思いましたが、いろいろな人からプロに任せた方がよいと言われて、候補としてはホームページ制作会社、広告代理店、フリーランスの3つがあります。
ホームページの制作はどこに依頼するのが正解なのでしょうか?依頼先による違いを、費用面も含めて教えてもらえると助かります。
voice

それぞれにメリットやデメリットがあります


ホームページはどこに依頼すればよいと断定することはできませんが、以下に依頼先による違いをまとめて紹介しているので、それを参考にして自分にとってベストな選択をしてください。
ホームページ制作会社にも小規模な会社から大規模な会社まであり、小〜中規模の制作会社に依頼する場合の費用相場は10〜300万円程度と低価格にも抑えることもできますが、大規模の制作会社は100万円程度〜となる場合が多いです。
制作会社に依頼した場合は、その後の更新費用がかかることが多く、更新費用は1ページにつき2〜3万円かかることもあるため、それも含めた予算で考える必要があります。
制作会社に依頼するメリットは、臨機応変に対応してもらえることで、分からないことがあればその道の専門家が丁寧にサポートしてくれます。ただし、制作費用や運営費用が多くかかる点はデメリットです。
広告代理店に依頼した場合は、ホームページ制作会社に依頼する際の約2〜5割が仲介手数料としてとられる場合がほとんどです。この点がデメリットとなりますが、広告代理店に依頼すると、ホームページ制作後の集客までサポートしてくれるため、これを大きなメリットに感じて依頼する方も多いです。
ホームページの制作と集客を同じ会社に依頼すれば、ホームページの内容や集客目的の伝達などでズレが生じることもありません。
フリーランスに依頼する大きなメリットは、制作費用を10〜20万円程度などと安く抑えられ、制作期間を早められる点などです。ただし、フリーランスの場合は個々に技術や知識の差などがあるため、問題が起きた際の対応に不安が生じることも多いです。

PageTop

  • お問合せ
  • お申込み