横浜でホームページ制作会社をお探しならご相談ください!

ホームページ制作横浜 株式会社アリス

横浜のホームページ制作

ホームページの制作なら、迷わず「株式会社アリス」にお任せください。当社は神奈川県横浜市に拠点をおいて、ホームページやロゴやパンフレットデザインなどの制作会社として、2006年より実績を重ねております。
少人数精鋭の小さな企業ではありますが、代表は会社を設立する前に20年以上グラフィックデザイナーとして広告会社やデザイン会社などに勤務して、あらゆる経験を積んできました。

横浜のホームページ制作

その他のスタッフもその道のプロフェッショナルが揃っていて、「高いクオリティ」「柔軟な対応」「リーズナブルな価格」をモットーに、お客様のニーズにしっかり対応いたします。
気になるホームページの制作にかかる料金は、個人向け、企業向け、集客向けと3タイプの制作プランを用意して、個人のお客様は4万円円台の格安料金で満足いくWEBサイトが構築できるようになっています。
もちろん、ただ安いだけではなく、お客様の希望に沿ったホームページを制作させていただき、開設後もしっかりと集客や企業アピールなどのために尽力させていただきます。
当社ではSEO対策を得意としていて、GoogleやYahoo!などの検索上位を維持するお手伝いを継続的に行います。料金が安いホームページ制作会社はたくさんありますが、当社では作ることによりもその後を重要視して、開設後も丁寧にお客様のニーズを満たすサービスを提供いたします。相談も見積りも完全無料で対応しておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

01ホームページの制作をプロに任せるメリットとは

ホームページの制作は誰でも行うことができ、そうすることで費用を安く抑えることができるというメリットが生まれます。
しかし、素人が作るサイトはどうしてもプロの仕事でないことが分かりやすく、企業のWEBサイトとして活用するには信用性にも悪影響を及ぼす可能性を高めてしまいます。さらに、初期費用は抑えられたとしても、後からメンテンナンスに費用がかかってしまうこともあります。その点ホームページの制作をプロにお願いすれば、それなりの費用はかかりますが、一定のクオリティは確保でき、安定と安心を得ることができるメリットがあります。

ホームページの制作をプロに任せるメリットとは

インターネットを活用するとどうしてもセキュリティ面が心配ですが、プロに任せればその点でも安心です。アフターフォローも、月会費などを支払えばしっかりサポートしてもらえます。素人がホームページを制作するにはそれなりの労力と時間が必要になりますが、プロに依頼すれば本業に集中できます。特に、人手が足りていない中小零細企業にとっては大きなメリットと言えるでしょう。
更新作業もプロに任せれば適宜に行ってもらうことができ、集客や売上アップを実現するためのお手伝いもしてもらうことができます。

02初めてホームページを制作するときの注意点

初めてホームページを制作するときの注意点

ホームページの制作を行うときには、ただ作れば良いではなく、ターゲットや目的をきちんと決める必要があります。
今の時代はホームページの有無が企業の信用にも影響するため、ホームページの制作自体を目的とする方も少なくないと思います。ただし、その内容がきちんとしていないと、せっかく作ったサイトが企業の信用を失わせる原因になってしまう場合もあるので注意が必要です。
一見して素人が制作したことが分かったり、消費者が求める情報が記載されてなかったり、確認しにくかったりするなども避けなくてはいけません。そのため、ホームページ制作時には必要な情報をしっかり準備して、抜け漏れがないようにしなくてはいけません。後から追加することも可能ですが、専門業者に依頼する場合は、追加で費用がかかってしまいます。
必要な情報を全て盛り込んだサイトになっているとしても、企業イメージに沿わないデザインになっているとクライアントの不信感を買ってしまう可能性が高まります。
企業のイメージを損なわないように気をつけて、コンテンツの不備にも注意が必要です。専門業者に依頼する場合でも最終チェックはきちんと行うようにして、妥協を許さないことが大事です。

03ホームページ制作に関することで良くある3つのお悩み

1.社員に任せて大丈夫?
自社でホームページを制作する際に、できるだけ費用をかけたくないという理由で頑張って自分たちで何とかしようとするケースも多いと思います。
社員の中によほど詳しい人がいれば良いですが、そうでなければせっかくサイトが完成しても、思い通りの結果を得られない可能性が高いです。
また、人員に余裕がない会社におこりがちなのが、いつまで経ってもサイトが完成しないことが挙げられます。ホームページは素人が簡単に作れるものではありません。

2.知り合いに頼んでも問題ない?
知り合いに詳しい人がいるから自社サイトの制作を依頼するというケースもあるようですが、ホームページは完成した後が大事なことを忘れてはいけません。
完成したときは見栄えが良く外部からの評判が良くても、そのままずっと更新しなければ、企業の信用にも悪影響を及ぼす可能性が高まります。
セキュリティ面も含めて最後まで面倒をみてもらえないなら、専門業者に依頼すべきです。

3.安さ重視でも良い?
最近では、安くホームページの制作を請け負ってくれる業者が増えています。ただし、安いだけで制作会社を選択すると、後悔することになるかもしれません。
安いのが悪いということではありませんが、自分たちの要望をきちんと満たしてくれて、アフターフォローがどのようになっているかを事前に確認することが大事なポイントです。

04WEBサイトの種類について

一口でWEBサイトと言っても、それにはいろいろな種類があります。
自社で運営するメディアサイトは「オウンドメディア」と呼ばれていて、サイトを通じて自社のアピールや集客や売上アップにつなげることができます。オウンドメディアには消費者が求めるコンテンツや、自社製品に関する情報なども記載できます。
インターネット上で商品を販売するサイトは「ECサイト」と呼ばれています。基本的には商品ページ、カテゴリ別ページ、ショッピングカード機能の他、運営者の情報や特定商取引法に基づく表記、プライバシーポリシーなどが搭載されています。
企業の公式サイトで、インターネットに掲載する企業のパンフレットのような存在となるサイトは「コーポレートサイト」と呼ばれています。コーポレートサイトを制作する目的は、企業の紹介やブランディングなどです。
求職者向けの企業の情報や採用に関する情報を掲載するサイトは「リクルートサイト」と呼ばれています。そこには、求人情報、求人に関するイベントの告知、求人スケジュールなどが掲載されています。
インターネットユーザーが最初に訪れるサイトは「ポータルサイト」と呼ばれています。ポータルサイトはGoogleやYahoo!などの大規模サイトで、ニュースやお役立ち情報など幅広くコンテンツが掲載されています。

05横浜・神奈川を中心にホームページの制作などを行っています

横浜市戸塚区に拠点を置いて、横浜・神奈川を中心に、ホームページ制作、グラフィックデザインなどをトータルプロデュースしています。
戸塚区は、横浜市を構成する18行政区の一つで、江戸時代には東海道の宿場町として栄えていました。現在では東京のベッドタウンとなっていて、横浜市の中でも交通の便が非常に良いことでも知られています。
戸塚区の中心にもなっている戸塚駅は、3路線が交わるターミナル駅で、都心へのアクセスも良く、市内への移動の利便性も高くなっています。さらに鎌倉や小田原や熱海などの人気の観光地へもアクセスしやすくなっているので、休日のレジャーもエンジョイしやすくなっています。
横浜市内の中でも犯罪件数が少なく、治安が良いことも戸塚区の大きな特徴です。電車だけでなくバスの便も多いことから、老後も安心して暮らせると評判です。
戸塚駅周辺には飲食店がかなり多く、大型のショッピングモールなどもあり、買い物にも不便はしません。
東京に比べると家賃相場も高くはなく、マイホームを欲しい方にもおすすめの地域となっています。
戸塚区では子育てにも力を入れていて、役所内には子育て応援ルームもあることから、若い夫婦も都心からたくさん移住しています。

06WEBサイトを構築するためにかかる費用の目安

WEBサイトは自身で構築することができれば費用をかけずに理想のサイトを運用することも可能になります。
しかし、納得いくサイトに仕上げるには、専門的な知識と技術が必要になるため、誰でも簡単にできることではありません。
そのため、企業の多くは専門業者に自社のホームページの制作を依頼するわけですが、そのためにはサイトの制作費用の他にも、ドメイン取得費用、サーバーレンタル費用、SSL費用が必要となり、引き続きサイトを運営するためには、Webサイトの更新、メンテナンス、監視などの保守費用などがかかります。

WEBサイトを構築するためにかかる費用の目安

また、WEBサイトには「コーポレートサイト」「ECサイト」「採用サイト」「ポータルサイト」などいろいろな種類があって、それによってかかる費用も大きく異なります。
たとえばポータルサイトなどは規模によっても異なりますが、150〜500万円程度の費用は最低限みておく必要があります。ホームページを1ページだけ制作してもらうなら、数万円で済ませることもできますが、自社の宣伝をしたくてパンフレット代わりに利用したいなら、数ページは必要になるため、20〜50万円程度は必要になると考えた方が良いです。

07集客するための3つのポイント

01ターゲットを明確にする

自社サイトで集客するには、ターゲットを明確にすることが重要になります。
自社や自店の顧客の年代や年齢や職業などの情報をきちんと集めて、ターゲットの好きなものなどの特徴をしっかり捉えることにより、訪れたくないWEBサイトを制作することが可能になります。
デザイン性の高さなど自己満足でサイト作りを行うことはやめて、あくまでもクライアント目線に立つようにしましょう。

02しっかりと自己紹介をする

会社やお店の概要を記載するだけのサイトが多いですが、それだけでなく運営側の自己紹介を丁寧に行うことが、集客数を増やすためには大事になります。
いつの時代も商売には信用が一番なので、どのような会社や人が商品やサービスを提供しているかを明確にすることで、お客様は安心して利用できるのです。

03商品やサービスの魅力を伝える

自分たちが提供している商品やサービスの魅力をしっかりと伝えることが、集客数を増やすことにつながります。
言葉だけではなく画像なども添えて、できるだけ分かりやすく説明しましょう。商品を使う手順や利用方法などの説明をすることも大事なポイントです。
自分たちでは当たり前のことでも、第三者には伝わらないことの方が多いことを認識して、いろいろな人に意見を聞くことがポイントです。

08制作会社ごとの違いとは

ホームページ制作会社は全国に数多く存在していますが、制作会社にはそれぞれに得意分野とそうでない分野があるので、自分たちの目的に合ったWEBサイトを構築してくれる会社を選ぶことが重要です。
例えば、商品を販売したくて結果を出したいなら、集客に強い制作会社を選ばないと、高い制作費用を捨ててしまうことにもなりかねません。集客方法にも違いがあるので、事前にそのやり方を確認することも大事なポイントです。
ホームページは作れば終わりではないため、公開後の運用やメンテナンスなどのアフターもしっかり請け負ってくれるかどうかも確認してください。
ホームページ制作会社には、デザインやブランディングに強いところもあるので、とにかくお洒落なサイトを作りたいなら、そのような会社を探してください。自分のイメージと合うかどうかを確認するには、過去の実績を参考にすれば良いです。
ホームページ制作会社を選ぶときには、自分たちのサービスや業界に特化しているかどうかを確認するのも重要です。特殊な業界である場合は、専門的な知識が必要となり、知識に乏しい場合はどんなに制作技術が高くても、思うようなサイトに仕上がらない可能性が高いです。

09お客様からよくある相談とは

お客様からよくある相談とは

はじめて自社のホームページを作りたいというお客様からよくある質問や相談には、制作までにかかる期間に関することがあります。
希望するWEBサイトの規模や内容や制作会社によっても制作期間は異なるため一概には言えませんが、WEB制作にかかる大体の期間や流れは以下のようになっています。
一般的な企業のWEBサイトを作るには、まずクライアントがどのようサイトにしたいかヒアリングすることからはじめます。ヒアリングから発注までには1〜3ヶ月程度の期間が必要になります。ほとんどは1社だけではなく複数社を比較するため、1ヶ月以内で収まるのはごく稀となっています。
その中で、コンセプトの定義や全体図の制作に2週間〜1ヶ月程度はかかります。
全体図が決まった後のデザイン作成にも1ヶ月程度かかります。デザインそのものは1〜2週間で終了するのが一般的ですが、クライアントへのチェックや修正や追加なども含めると1ヶ月はみておく必要があります。
全てのデザインが完成した後はシステム構築、コーティングと進みますが、これにも1ヶ月程度かかります。
最後にテストとチェックが行われ、それに2週間〜1ヶ月程度かかります。
この程度の時間はかかることを承知して、くれぐれも急がせ過ぎないように注意してください。

10お客様から多く寄せられる3つの質問

質問 製作費は適正なの?
回答 ホームページの制作に掛かる費用は、依頼する会社によって異なりますので、適性価格かどうかを判断するには1社だけではなく複数社から見積りを取ることをおすすめします。
特定の会社に費用が適正なのかを尋ねても、適性であると言われるのがおちです。適正料金を知りたいなら自分で不特定多数に問い合わせをするのが、自分を納得させる最善策と言えると思います。
質問 継続的に集客するにはどうしたら良いの?
回答 ホームページを制作して継続的に集客をするためには、敵的に新規のコンテンツを作成・更新して、検索順位が上がるような工夫が必要となります。
どんなに良いサイトでも、時代の流れと共にどんどん新しいものやルールができて、WEBサイトは退化していきます。
質問 見積書を確認するときにはどこをチェックすれば良い?
回答 複数社から相見積りを取ったけど、どこを見れば違いが分かるか良く分からないという方も少なくないようです。
ホームページの制作費用が安くても、ページ数やデザイン料や費用機能などによって仕上がりには大きな違いが出ます。
例えば10ページのサイトと50ページのサイトなら数十万円もの違いが出るのは当たり前です。デザインの質やいろいろな機能を備えれば、それだけ制作費用はアップします。
加えて、制作してもらった後の運用費を確認するのも大事なポイントです。

11制作会社を選ぶときの注意点

POINT ただ単に自社のホームページを作りたいなら、自分たちで制作したりできるだけ安く制作を請け負ってくれる会社を選べば良いですが、集客や企業イメージアップなどの目的があるなら、適当に依頼先を決めてはいけません。
今ではホームページ制作会社は数えきれないくらい存在して、ネット検索すれば制作費用を比較して全国どこからでも依頼することが可能となっています。しかし、ホームページを利用して結果を出したいなら、継続的な更新なども費用になるため、対面で打ち合わせができて、その後のサポートにもしっかり対応してもらえる会社を選択することが非常に大事なポイントとなります。
担当者のコミュニケーション能力もかなり重要で、どんなに技術があったとしてもこちらの意図をきちんと把握してもらえなければ、思うような結果に結びつかない可能性が高まってしまいます。
集客や売上などの結果を求めるなら、同業他社の実績があることも大きなポイントです。制作会社の希望が、自分たちが望む制作をマッチしているかも業者選びでは大事になりますので、制作費用だけに捉われないように十分に注意してくだい。
制作後の運用のフォロー体制も確認して、依頼先を決めてください。

12SEO対策って何?

SEOというのは、英語の「Search Engine Optimization」の略であり、検索エンジンの最適化という意味です。
SEO対策を分かりやすく説明すれば、私たちが普段インターネットで調べものをする際によく利用しているGoogleやYahoo!などの検索エンジン上で、特定のWEBサイトの検索結果を上位に表示させるために行ういろいろな対策のことです。
インターネットを利用している方ならよくお分かりのことかと思いますが、検索した際に上位に表示されないWEBサイトは見逃される可能性が高いです。
しかし、自社のサイトが検索したときにトップや2番目、3番目などの上位に表示されれば、多くの人の目につき集客を図ることができ、企業の知名度アップや売上アップにつなげることができます。そうすることができれば、広告宣伝費を抑えることができるというメリットも生まれます。
今では多くの業界でWEBサイトでの集客は事業の要となっていて、SEO対策はマーケティングにおいて非常に重要な役割を担っているのです。
SEO対策の方法は日々変化していますが、基本的には優良なコンテンツをサイト内に増やすことで、サイト全体のSEO評価が上がり検索上位に表示される可能性を高めることができるようになっています。

PageTop